印鑑の歴史

印鑑を選ぶ時代 – HANKOワールド☆

印鑑の起源を遡る

そもそも印鑑の起源を遡ると、紀元前5000年頃にメソポタミア文明にて使用されていたスタンプ型の印象が元祖だと言われています。その後、エジプト文明や中国文明などでも権力者による認証、証明、署名代わりなどの意図のもとで使用され、日本でその歴史に顔を現したのは西暦57年頃のいわゆる「漢委奴国王」と記された金印が最初となります。

その後、権力側による支配や通達などの証明などに印鑑が使われていた時代から徐々にシフトし、江戸時代にはこの印鑑の風習が庶民の文化にも浸透し、行政文書意外にも様々な私文書にて使用されるようになりました。

明治時代になると、西洋文明への追随を受けて印鑑の持つ自己証明の意味合いはますます強まり、地方自治体などでも印鑑登録制度がはじまり、何らかの法的拘束力が発生する文書に印鑑が押すという風習が根強いものとなっていくことになりました。

初期には偽造しやすい技術の拙いタイプの印鑑が大半だったのに対し、徐々に唯一無二の技工を駆使して自己認証の正当性を強めるきらいが強まり、今では重要書類などにはそれなりの偽造不可能な意匠を施したものを用いる場合も多く見られます。

また時代の流れとともに、インターネットのメール機能などで文書をやり取りするケースも増え、一部では電子署名や電子印鑑といった新技術も導入されているようです。

HOME