印鑑のデザイン

デザインについて - 印鑑を選ぶ時代

用途によってデザインタイプを変える

印鑑のデザインなのですが、ゴム印ではなく銀行などに利用できるタイプに関しても印鑑のデザインは色々とあります。
例えば、文字の種類でも複数種類あります。
明朝体やゴシック体などパソコンで利用する感じのパソコン画面などでよく見る読みやすいタイプの印鑑を選択する事もできます。
また、文字を崩した黎明体などの一見読みにくい文字のデザインを施したりもできます。
デザイン性を重視したいのであれば、歌舞伎や大相撲などによく利用する文字種別にして人とは一風変わったイメージを印象付ける事もできますね。
また文字のほかに、印鑑の内部に花柄を名字の横にデザインして、女性らしさを印象付ける事もできます。
他にはペットの犬や猫をデザインして印象が変わるかもしれません。
印鑑は比較的に、かしこまったシーンで利用される事が多いですが、回覧板に押すと名前を確認したという事が解るだけではなく笑顔を振りまく感じに楽しくなります。
また、名刺の隅に印鑑を押すと印刷のみの名刺を渡すより、デザイン性がさらに加わって面白い印象が付いてきます。
このように、名刺以外にもショップカードや自分を主張したり差別化したい場合にも利用できる印鑑は素敵ですよ。

 

HOME印鑑のデザイン