印鑑の種類

種類について - 印鑑を選ぶ時代

用途に応じて様々な種類

印鑑には用途に応じて幾つかの種類が存在します。
実印は市区町村役所へ印鑑登録を行い印鑑証明を受けた印のことを指し、商取引・公文書や会社設立時などに役所への届出書類に必要な印鑑です。不動産売買や金銭消費貸借契約書の作成、会社設立時の届出印などに使用されます。実印は最も重要な印で、一人一本までしか登録できません。またゴム印など変形しやすい材質の印は実印としての登録ができません。
銀行印は金融機関での預貯金口座開設、預金の引き出しやその他金融機関での各種契約に使用します。実印である必要はありませんが金銭に関係する重要な印で、大抵は3cm以内のサイズであれば使用できます。最近ではネット銀行などの通帳を作成しない銀行口座では銀行印を必要としないケースがあります。
認印とは印鑑登録も銀行印としても使用していない印のことで、印鑑証明のいらない書類作成や一般事務で使用されます。実印ではありませんが、書類によっては押印することにより実印と同じような責任が生じることがあります。
訂正印は伝票などに記入した文字の誤りを訂正する場合に使用されます。訂正箇所には二本線を引き、訂正印を押印します。
法人で使用される印鑑には、代表者印、 社印、銀行印があります。
代表社印は個人の実印に相当する代表者印で最も重要な印です。本店所在地の法務局へ届け出て使用されます。
社印は一般的に角型が用いられ、商売上で一番必要になる印鑑です。領収書、請求書、契約書等の商取引に関する書類に押印されます。
銀行印は法人名義の銀行口座の届出印で、個人の銀行印に相当します。

HOME印鑑の種類