印鑑の書体

書体について - 印鑑を選ぶ時代

世界でただ一つの印鑑を作る!?

印鑑の書体には、篆書(てんしょ)、古印(こいん)、印相(いんそう)、隷書(れいしょ)、楷書(かいしょ)、行書(ぎょうしょ)などがあります。印鑑に使われる書体について特徴と解説をしたいと思います。

篆書(てんしょ)は、秦による公式書とされました。典雅、流麗にして重圧、風格のある印影をつくります。実印に限らずすべての印鑑に適すと言われています。古印(こいん)は、大和古印と呼ばれている奈良時代の寺社印で、日本で進化した独特の書です。程よい虫喰い、墨だまりが風雅な趣を醸し出す奥深い書です。隷書(れいしょ)は、秦代になって業務効率を上げるために公文書でも用いられるようになったものだと考えられています。実用書体で、篆書を簡略化し直線的にしたもので、バランスがとれ読みやすい書体です。楷書(かいしょ)は、日本の標準の書体とも言えます。日常あらゆるところで用いている馴染み深い書体です。印鑑としては、実印などにはあまり使われず、認印に向いています。行書(ぎょうしょ)は、楷書体の几帳面さを省き、書きやすくした書になります。書体は柔らかくやさしく女性のような感じを与えます。

書は体を表すと言われます。自分にあった書体を選ぶことで、世界でただ一つの印鑑を作ることも可能とではないでしょうか。

HOME印鑑の書体